外傷により運動量が低下し、筋肉が硬くなると、運動再開後に同様のケガをする。確率が高くなります。よって回復に向かう際は、ストレッチやマッサージなどを施し筋肉のコンディションを整えます。

ケガをどこまで治すのか?適切なトレーニングで筋力強化してケガを克服する。それは再度、同じようなケガをしないためにも重要であり患者様が解剖学的な知識を身につけ、自分でトレーニングを考えることができるようになります。

外傷の中には、見ただけ、触っただけで骨折の有無など鑑別をできないものがあるため、エコー検査自体は人体に対する危険性がないので、施術にかかわる判断の参考として、当院では 効果的に使用しております。

捻挫や肉離れ、打撲時に、まずやらなくてはいけないのが運動を休止し、そしてアイシングを施し、次の日に腫れが強くならないように包帯やテーピングで固定します。固定し安静に努めることが早く治すための、最初の一歩です。

最近ではプロの野球選手やサッカーでも、つけているのが珍しくない、オーダーメイドのマウスピースを、専門技術を持った歯科技工士が製作。つけたままで会話ができる、自分だけのデザイン、プロスポーツ選手からも依頼されています。

とらスポーツ接骨院

ごあいさつ

 

0587-22-8015
〒483-8258
愛知県江南市上奈良町
久保60Mapを見る

 

 

 

このページの先頭へ