愛知県 江南市 とら スポーツ 接骨院 では スポーツ外傷 交通事故 の施術をはじめ施術時間外での応急処置など、地域社会に貢献できるよう心がけております。


    ここでは、頻度の高い症状についてご説明いたします。

(1)頭痛
患者の80%以上が訴え、46%は後頭部、34%は頭全体、20%はそれ以外
の場所(顔面)に頭痛を訴えます。 また以前から、頭痛症状がある方の
痛みを増長させます。

(2)放散痛(シビレ)
先程説明しましたスパズム(持続性筋収縮)が起こり、首から出入りする
神経を圧迫し、上腕・前腕・手指にシビレを発生させます。左右差はないと
思います。 来院する患者さんの半数は放散痛を訴えます。

(3)運動制限(動かない、動かない方向がある)
受傷してから1週間からそれ以上。この症状が出現する患者さんもいます。
これは痛みの軽快と共に徐々に多くの方は良くなってきます。

(4)頚部、背部、腰部の痛み
事故後、受診する患者さんの60%以上が頚部(首)に痛みを訴え、背中の
痛みは65%が6時間以内、28%が24時間以内、残りは72時間以内と
一般的な統計等で言われています。事故直後から腰に痛みが発生する
ことはありますが4日〜10日後に腰に痛みを訴える患者さんも大勢います。

(5)筋力の低下
頚腕神経叢(鎖骨付近にある。腕にいく神経の束)障害、頚神経及び頚背
神経根症により、神経領域の筋肉の力が低下します。

(6)めまい、耳鳴り、難聴
50%は自分自身がグルグル回るかのように感じる回転性めまいを訴え、
10%〜15%は耳鳴りを訴え、難聴を訴える患者さんが数%います。

(7)その他の症状
いらいらしやすい、過度に神経質になる睡眠障害、うつ状態、記憶力の
低下、注意障害など交通事故が原因で性格が変化してしまい、メンタル
クリニックを紹介し受診してもらう場合もあります。




  むち打ち損傷とは何か ?




衝撃を受けた骨は(1)強く後方に倒れ(過度伸展)、

その慣性力で今度はより強く、前へ倒れます。(過度屈曲)

シートベルトを締めていなかったり横からの衝突では左右に

ふれる場合もあり、時としてダッシュボード、フロントガラス

ハンドルに顔をぶつけることもあります。予期せず衝撃が

首にかかるのですから、反射的に防御できず「コツン」と

ぶつかられただけれも痛み出すことがあるのです。

首の骨は7個あり、衝撃を受けたことにより、骨自体と

筋肉や靱帯・椎間板を痛め、スパズム(持続性筋収縮)が

筋肉に起こり、硬くなり、神経を刺激して痛みが発生し

運動制限(首が動きづらくなる)が起こります。腕や指

などに放散痛(シビレ)が発生する事は多々あります。

むち打ち損傷の85%は後方からの衝突が原因です。

女性は男性よりも首が細く、筋量が少ないため、

むち打ちを起こしやすいとも考えられます 。




Copyright (C) 2007 tora_sports JS. All Rights Reserved.
とら スポーツ 接骨院