接骨院では、通常レントゲンなどの使用はできませんが、エコー(超音波画像)は
   施術の補助としての使用を厚生労働省から認められているため当院ではエコーを
   使用して、患部の損傷を確認しながら施術にあたっております。
 
 
    
    エコーを使用することで、筋肉を負傷したのか、骨の損傷があるのかを確認できる
    ため、 施術者が患者様に対し、文献など参考資料をお見せしながら おケガの
    状態を、丁寧に説明いたします。
 
 
 

   接骨院ではMRI、CT、レントゲンなどを使用できないため、外傷に対しての
   エビデンスを患者様に示すことができません。しかし、ケガをした人を見ると
   いうのに、科学的な根拠なしで納得して頂くのは、あまりにも無責任すぎます


電話予約で待ち時間を圧縮
0587−22−8015
捻挫や肉離れ、打撲時に、まずやらなくてはいけないのが運動を休止し、そして
アイシングを施し、次の日に腫れが強くならないように包帯やテーピングで固定
 します。固定し安静に努めることが早く治すための、最初の一歩です。
外傷により運動量が低下し、筋肉が硬くなると、運動再開後に同様のケガをする
 確率が高くなります。よって回復に向かう際は、ストレッチやマッサージなどを施し
 筋肉のコンディションを整えます。
最近ではプロの野球選手やサッカーでも、つけているのが珍しくない、オーダー
 メイドのマウスピースを、専門技術を持った歯科技工士が製作。 つけたままで
 会話ができる、自分だけのデザイン、プロスポーツ選手からも依頼されています 
ケガをどこまで治すのか?適切なトレーニングで筋力強化してケガを克服する。
 それは再度、同じようなケガをしないためにも重要であり 患者様が解剖学的な
 知識を身につけ、自分でトレーニングを考えることができるようになります。
自賠責保険の使用で窓口負担0円
交通事故施術の方限定!平日21:30まで受付
お一人お一人に合った、オーダーメイド施術