〒483-8258  愛知県
江南市上奈良町久保60
【TEL】 0587-22-8015


接骨院の施術症例


マウスピース の製作依頼


マウスピース の製作日記

 肩が痛い方へ
 肩は、非常に複雑な関節です。接骨院では、肩の疼痛(痛み)・腫脹(ハリ感)の原因になっている部位を
 調べて、その場所に電気療法・温熱療法・アイシング・手技などによる施術を行います。


 個々に負傷原因や症状は違うため施術の詳細はそれぞれ違ってきますが、
硬くなっている筋肉に対しては

 マッサージやストレッチの指導を、機能低下している筋肉には、筋トレの指導なども行います。

 また必要な場合は、症状により、テーピングや包帯固定を施し、患部の安静をはかる場合もございます。

 その他、分からない事がある場合は何でも、お気軽にご相談下さいませ。

 腰が痛い方へ

 腰の痛みは、負傷原因や状態により施術の内容が大きく変わります。

 基本的に電気療法・温熱療法・アイシング・手技などによる施術を行います。


 個々に負傷原因や症状は違うため施術の詳細はそれぞれ違ってきますが、硬くなっている筋肉に対しては

 マッサージやストレッチの指導を、機能低下している筋肉には、筋トレの指導なども行います。

 また必要な場合は、症状により、テーピングや装具(コルセット)による固定を施し、患部の安静をはかります。

  急性期のギックリ腰

 身体を動かすと、痛みが強い場合はコルセットなどの装具を着けると楽になります。コルセットをお持ちの方は
 早めに装着されることをお勧めします。接骨院にて装着の指導なども行っております。
 急性のギックリ腰では、温めたり、マッサージなどは行わず、アイシングを行うと症状が軽快することもあります。

  腫脹(腫れ)がない亜急性(持続した)痛みの場合

 原因となる筋肉などに電気療法、温熱療法、手技(マッサージ・ストレッチ)による施術を行います。

  脚部へのシビレがある場合

 症状が長期に及ぶ場合は、ヘルニアなどの原因が考えられます。整形外科への受診もすすめております。

 膝が痛い方へ
  腫脹(腫れ)がない亜急性(持続した)痛みの場合

 原因となる筋肉などに電気療法、温熱療法、手技(マッサージ・ストレッチ)による施術を行います。
 

 筋力低下による痛みがある場合は、筋力トレーニングを指導します。膝が曲がらない場合は、可動域訓練

 (リハビリ)を行います。 歩行に支障をきたしている場合は、バランス訓練や筋力トレーニングなどを行い

 歩行できるようにご指導させて頂きます。また、症状に応じてアイシングや包帯固定、電気治療を行います。

 レントゲンやMRIなどの検査が必要な場合は、専門の医療機関を紹介致します。

 スポーツで怪我をした方へ
スポーツで痛めた後の処置で必要なことは、「RICE」(ライス)です。

Rest(安静)とIce(冷却)は、比較的かんたんに行えますが

Compression(圧迫)とElevation(挙上)は、専門的な知識が

必要になりますので、接骨院にてアドバイスいたします。

 Rest(安静)  安静に勝る治療はありません。運動はすぐに休止してください。
 Ice(冷却)  アイシングのことです。「痛めた時はまずアイシング!」
 Compression(圧迫)  腫れを抑える為に包帯などを使用して圧迫する必要があります。
 Elevation(挙上)  患部を心臓の位置よりも上に挙げることで腫れを抑えることが出来ます。




 Copyright (C) 2001 SUNTECH All Rights Reserved.