テーピングは使い方次第で、スポーツ選手の活躍にとても貢献してくれるアイテムとなります!

    正しい理論と負傷にあった材料を知り、パフォーマンスをできるだけ落とさないようにしましょう
 
 
    ケガをしてしまった・・・。ガッチリ固定してでも試合に出なければならないときがある。

    しかし、 やみくもに固定をすれば柔軟な関節の可動が抑制されてしまうので適切な

    「制御」を 考えて固定を設計しなければならない
 
 
    テーピングは硬いものもあれば柔らかいものもあるので、多種類のテーピングを

    部位により 使い分けて、現状、目的、特性を考えて、ハイブリッドな固定を施します




電話予約で待ち時間を圧縮
0587−22−8015
外傷の中には、見ただけ、触っただけで骨折の有無など鑑別をできないものが
あるため、エコー検査自体は人体に対する危険性がないので、施術にかかわる
 判断の参考として、当院では 効果的に使用しております。
外傷により運動量が低下し、筋肉が硬くなると、運動再開後に同様のケガをする
 確率が高くなります。よって回復に向かう際は、ストレッチやマッサージなどを施し
 筋肉のコンディションを整えます。
最近ではプロの野球選手やサッカーでも、つけているのが珍しくない、オーダー
 メイドのマウスピースを、専門技術を持った歯科技工士が製作。 つけたままで
 会話ができる、自分だけのデザイン、プロスポーツ選手からも依頼されています 
ケガをどこまで治すのか?適切なトレーニングで筋力強化してケガを克服する。
 それは再度、同じようなケガをしないためにも重要であり 患者様が解剖学的な
 知識を身につけ、自分でトレーニングを考えることができるようになります。
自賠責保険の使用で窓口負担0円
交通事故施術の方限定!平日21:30まで受付
お一人お一人に合った、オーダーメイド施術